遺言書の種類

遺言には死期が迫っているなどの特殊な場合の「特別方式」と通常用いられる「普通方式」の2種類があります。

「普通方式」のなかには以下の3つがあります。

①自筆証書遺言
 全文を自分で書く遺言書です。証人が必要でなく簡単に作成できるのがメリットですが、「全てを自筆で」書くことと「日付・署名・押印」が必要となります。
偽造・隠匿・破損などの、あるいは書き方によって無効になるというリスクがあります。

②公正証書遺言
公証役場にて2人の証人のもとで、本人が口頭で述べた内容に基づいて公証人が作成する遺言です。
証人が2人必要で、公証役場に行かなければならない、費用がかかるのがデメリットです。しかしながら、自筆証書遺言に必要な検認の手続き(遺言の存在を相続人に知らせ、偽造などを防止するために行う手続き)が不要なため遺言の執行がスムーズです。
公正証書遺言は、公証役場に原本が保管されますので偽造や破損などのリスクは低いです。

③秘密証書遺言
①と②の折衷のような形式として秘密証書遺言があります。
遺言の作成自体はワープロや代筆でも構いませんが、署名・押印が必要になります。その後封印して、2人の証人の立ち会いのもと公証人に提出、本人・証人・公証人の署名・押印を行い完成です。遺言は本人が保管します。
遺言の内容を秘密にできるのがメリットですが、手間の割に紛失したり発見されないというリスクがあるためあまり一般的ではありません。

いっしんではいずれの形式の遺言書の作成もサポートしておりますが、亡くなった方の意思を確実にご家族の方に伝え、遺言を執行していくには「公正証書遺言」が確実なため、「公正証書遺言」の作成をオススメしております。

また、公正証書遺言の作成の際には証人が必要ですが、いっしんの専門家が証人をお引き受けすることも可能です。公正証書遺言を作成したいけれど、証人をだれにしようか困っているという方も安心ですし、証人から遺言の内容が漏れるという心配もございません。