遺言の保管

公正証書遺言以外の場合には、自分で遺言書を保管することになります。(公正証書遺言は公証役場に原本が保管されます。)

遺言書を自宅などで保管をすると、紛失や滅失あるいは改ざんや隠蔽の恐れもあります。ですから、そのようなリスクの低い貸金庫などに保管するのが良いのですが、貸金庫は銀行でも人気のサービスで希望者も多く、新規の申し込みを断っている支店も多いようです。

司法書士などの第三者に保管してもらうのも良い方法なのですが、死亡時の連絡方法を整備しておかないと遺言が必要なときに連絡が行かないということになります。遺言の存在の通知が遅れると揉め事の火種にもなりかねません。

公正証書遺言以外の遺言には、「検認」という遺言書の存在を確認する手続きが必要になりますので、確実な遺言を残すのであれば「公正証書遺言」がやはり一番優れています。