遺言書の書き方・注意点②

遺言書を書く際の注意点として、「共有」は避けるということがあります。「共有」とは、複数の関係者が共同で所有する形態のことで土地や家屋などの不動産で多く見られます。共有にはメリットもデメリットもあるので一概には言えない面もあるのですが、兄弟姉妹での共有は避けるべきでしょう。

具体例としては、お父さんが(あるいはお母さん)が遺言を作成するとして、「子供に財産を均等に分けたいから…」と考えて、「土地を子供3人の共有にする」みたいな遺言は避けるべきです。共有の物件を売却するには共有者全員の同意がなければいけませんので、話し合いがつかなければ物件はそのまま放置ということになりがちです。

当事者(この場合だと子供同士)が生存している間はまだなんとかなるかもしれませんが、死亡して代替わりすると、どうでしょうか?代替わりすると他人同士ですから、兄弟姉妹であればまとまったかもしれない話合いも揉めてしまうことも多いでしょう。(悲しいかな、兄弟姉妹であっても仲がいいとは限りませんからね…)たまに都心の一等地なのに開発もされず放置されたままの土地を見かけますが、実態はこのように共有者同士の話し合いがついていないということも多いようです。

「子供みんな平等に」との考え方は良いのですが方法を間違えてしまうと、みんなが困ってしまいます。ケース・バイ・ケースですが、このような場合には、不動産は一人に引き継がせて、他の人にはお金で手当をするという方法のほうが遺言の当初の目的である揉め事を防止するという役割をキッチリと果たしているのではないでしょうか。

いっしんでは、ご相談者さまのご意向を反映しながら、ご家族の方々にも受け入れられる遺言作成サポートを行っておりますので、お気軽にご相談ください。