相続税の非課税財産

相続財産の中には相続税がかからない「非課税財産」と呼ばれるものがあります。
主なものは以下のとおりです。
非課税の適用を受けるためには一定の条件を満たす必要がある物もあるため事前にご確認下さい。

祭祀財産など 墓地・墓石・仏壇・仏具・
神を祀る道具などで日常礼拝のように供しているもの
公益目的の
事業用財産
宗教・慈善・学術などの事業の用に供された財産 
一定の給付金  心身障害者不要共済制度に基づいて支給をされる給付金を受ける権利 
一定の保険金 
一定の退職手当金
相続人が取得した生命保険金及び 退職手当金のうち
一定の金額(500万円×法定相続人の数が上限)
特定の寄付財産  相続遺贈で取得した財産を申告期限までに国や地方公共団体、
公益を目的とする特定の法人に寄付したもの