法定相続人とは

血の繋がり(親子・兄弟姉妹など)や法律上の関係(配偶者・養子など)を基に故人の財産を引き継ぐことを相続と言います。

相続によって故人の財産を引き継ぐ権利のある人(相続人といいます)は一定のルールに従って決まります。血の繋がりがあるからといって全ての人が相続人になれるとは限らないのです。

相続人を決めるルールは民法に定められています。簡単に言えば…

①配偶者は常に相続人になれる
②血族は順番がある
③上記①配偶者と②血族が同時に存在すればいずれも相続人になれる

①の配偶者つまり夫or妻は常に相続人になれます。(ただし、正式な婚姻関係にあることが必要ですので内縁関係は不可です)

②の血族とは血の繋がりのある人です。血族の中で優先順位があり…
1.子供・孫(子供の方が孫より優先)
2.両親・祖父母(両親の方が祖父母より優先)
3.兄弟姉妹
となっています。
故人に子供と兄弟姉妹が同時にいれば、子供が優先され兄弟姉妹は相続人になれません。

故人の下・上・同世代という順番ですね。

③にもある通り、配偶者と血族は同時に相続人になれるので故人に妻と子供がいればどちらも相続人になれます。

あと、相続人になるには生きてることが必要です。死んだ人は財産を引き継げません。(欠格や排除というルールもありますがあまり一般的なケースではないので考慮しなくても良いでしょう)