死亡保険金を受け取った場合

◯受取人に課税する
相続税が課税される財産の中には一定の保険金があります。

いわゆる死亡保険金で、被相続人(死んだ人)が保険料を負担していた部分に対して課税が行われます。

このような保険金は、被相続人→受取人のように直接的に保険金が移転しているのでなく、被相続人→保険会社→受取人のように間接的に移転してるため、民法上の相続財産でなく相続税法上の独自の相続財産となっており「みなし財産」などと呼ばれます。

保険金に対して課税される人は、「保険の受取人」と定められています。

例えば、亡くなった被相続人「A」が保険料を負担していた保険があり、妻の「B」が保険金受取人であった場合には、妻の「B」に対して保険金が課税されるわけです。

この場合に、「B」が保険金を受け取らず子供の「C」にそのまま譲ったような場合であっても、「B」に相続税が課税されるので注意が必要です。(B→Cには贈与税が課税される場合があり、こちらも注意が必要です)

「保険金は受取人に支払われる」ので、受取人が取得した保険金に課税されるのです。

◯特定の人にカネを残すのに便利
保険金は受取人の財産となりますので、相続対策の観点から言えば、「誰か特定の人にお金を残したい」という場合にも有効です。

相続人ではない人にカネを残す、経済的な弱者であるためカネを残してあげたいetc…さまざまな活用方法がありますので、事前に専門家に相談するとよいでしょう。

◯死亡に直接起因しない保険は分割対象
死亡保険金でなく、傷害保険金などで死亡の直接の起因とならなかったものについては「みなし財産」とはなりません。

この場合には、分割協議の対象となり、その結果取得した人に相続税が課税されることになります。