相続税とは

ここでは、相続税に関わる可能性がある方が最低限知っておきたい特徴を確認しておきます。

①財産を貰った人が税金を払う

血の繋がり(親子・兄弟姉妹など)や法律上の関係(配偶者・養子など)を基に故人の財産を引き継ぐことを相続と言います。

相続は財産をタダで手に入れる(無償移転)ので、そこに国は着目して相続税が課税されます。(タダで貰ってトクしたから税金払ってねという理屈でしょうか)

②相続税は期限がある

相続に関する手続きには期限のあるものが幾つかありますが、一番影響が大きいのは相続税です。
相続税は、相続開始から10ヶ月以内に申告しなければなりません。

10ヶ月というと長いようですが、喪があけてから手続きに取り掛かるという方も多く、やらなければならないことや決めなければならないことも多いため、そこまでゆっくりしていられないというのがホントのところです。

期限を過ぎると、有利な規定(税金が減る)が使えなかったり、追加で罰金が発生したりとそれなりのお仕置きもありますので期限はキッチリと守りましょう。

③揉めると損

相続税は故人の財産を全て合算して全体の相続税額(相続税の総額といいます)を計算し、財産を取得した人がその取得比率で税金を負担する仕組みになっています。

ザックリと言えば、家族全体にかかる税金を決めてから、財産の取り分に応じてそれぞれに税金を割り振るわけです。

ですから、相続税を計算するには「財産がどれだけあるか?」「財産を貰える権利があるのは誰か?」「どのように財産を分けるか?」を決めないと計算できないのです。

(「財産の分け方」が決まらず申告期限を迎える場合、とりあえず仮申告という形で多めの税金を払うことになります)

このうち、一番時間がかかるのが「どのように財産を分けるか?」です。
分け方が決まらないと、税金の計算ができず仮申告では税金を多めに払うことになりますし、仮申告すらできないと税務署側が高めの税金を(一方的に)決めます。