相続税

相続税は人が死んだことにより無償で財産を取得することに着目して課税される税金です。相続などで財産を取得したからといって必ず相続税がかかるわけではなく、死んだ人の財産が一定の金額以上であれば税金がかかります。

多くの方が相続税はご自分には関係無いと思っているのですが、平成27年度の税制改正によって相続税の申告書を税務署に提出する必要がある人は10人中4人になると言われています。

このような状況のなか、相続・遺言への関心の高まりからさまざまな相続手続きを謳う業者や情報がインターネット上を中心に氾濫していますが、ほんとうに大事なのは当事者の方々が「相続手続き」についてある程度の理解をしていること、そして信頼できる専門家と出会えることだと思います。

人はいつか死ぬのですから、相続や遺言といったことはある意味避けて通れません。しかし、当事者の方々が「相続手続き」をある程度理解し、信頼できる専門家と出会えていれば相続トラブルなどを回避して、亡くなった方のご意志を尊重するご供養などが可能となるはずです。

まずは、いっしんのHPをご覧いただき、専門家との相談を通じて相続に関する理解を深めていただければ幸いです。

相続税に関しての理解はこの他のページからご覧いただけます、またHPだけでは不明な事項につきましては、お気軽にいっしんにご相談下さい。