相続財産の調査

相続手続きを進めるには相続人の確定だけでなくどのような相続財産があるのかを把握しなければなりません。
 
相続で受け継ぐ財産は現金や土地のようなプラスの財産だけでなく借入金や未払いの税金などのマイナスの財産も含まれています。
 
相続によって財産を受け継がないことを「相続の放棄」と言いますが、相続の放棄は3カ月以内に行わなければならないため速やかに財産を調査する必要があります。
 
相続財産は、現金や家財のように目に見えるものはすぐ分かりますが、土地や保険などといった権利関係の難しいものは根拠となる書類を収集し調査します。
 
具体的には預金通帳、保険の証券、株式の取引証明、不動産の登記簿(権利書)などを丹念に漏れが無いように調べていきます。
 

また、相続税は一定の保険金や退職金、年金などにも課税されるため注意が必要です。