相続人調査と戸籍収集

相続手続きを進めていくために、基本となるのが「相続人調査と戸籍収集」です。亡くなった方の財産を受け継ぐ権利がある人を相続人と言いますが、相続人は血のつながりや結婚・養子縁組などによって決まります。

亡くなった方に密かに認知していた子供がいるか?兄弟姉妹は何人か?配偶者は誰なのか?といったことを確定しなければ相続手続きが進みません。

これらの情報を確認するために亡くなった方の生まれてから亡くなるまでのすべての戸籍を収集することで相続人を確定します。亡くなった方の戸籍には必要な情報がすべて記載されているとは限りませんので戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍謄本のすべてを収集しなければいけないケースが大半です。

※戸籍謄本→戸籍内のすべての人の情報を記載したもの
※除籍謄本→結婚や死亡などで戸籍内の人がいなくなった戸籍謄本
※改製原戸籍謄本→戸籍制度の改正前のもの。最新の戸籍謄本には記載されていない過去の情報が記載されていることもある。

戸籍収集は市役所などで亡くなった方の戸籍を取得し、その内容に基づいて順々に古いものへと遡って入手していきます。