相続人調査と財産調査

相続手続きを行う際に最初に調べる必要があるのが、「誰が」財産を取得する権利があるのか(=相続人調査)と「どのような財産」があるのか(=財産調査)です。

財産を取得する権利のある人とどのような財産があるのかがわからないと、その財産を「どのように分けるのか」(=遺産分割)、相続が不要な場合にはその「権利・義務を放棄する」(=相続放棄)といったことも出来ませんし、それらの結果に基づいて「税金を計算」して支払ったり(=相続税申告)、財産の「名義を変更」したり(=相続登記)することも出来ません。

ご家族の方は「誰が」「どのような財産」といったことはご存知かもしれませんが、亡くなったご本人も知らなかった兄弟姉妹などがいたり、ご家族も把握できていなかった財産が見つかったりということもあり得ます。

ですから、これらの事実を客観的に確定させる作業が「相続人調査」と「財産調査」となります。

「相続人調査」では、亡くなった方の生まれてから亡くなるまでの戸籍を丹念に収集して権利関係のある人を確定していきます。いっしんでは、手間のかかる戸籍の収集を代行するだけでなく解読が難しい戸籍の内容をご家族にもわかるように「相続関係図」の作成もサポートしております。

「財産調査」では、専門スタッフによるご家族の方などへのヒアリング及び独自のノウハウを駆使して、亡くなられた方の財産を漏れ無く調べ上げます。保険金などの一定の財産も相続税の課税対象となってしまうため、税金や法律の知識のある専門スタッフ・専門家が対応しますのでご安心いただけます。