遺言の執行

遺言の中には、何かしらの行為を行わなければその内容が実現されないものもあります。

遺言の内容を実現するために一定の行為を行うことを「遺言の執行」といいますが、相続人(残された家族)が亡くなった方の意思に従って遺言を執行してくれればよいのですが、そうでないかもしれません。

そこで、遺言を残す際に遺言を執行してくれる「遺言執行者」を指定することが出来ます。遺言執行者は遺言を実現するために遺言を執行する責任を負いますので、遺言が実現される可能性が高くなります。

遺言を執行するには専門的な知識や経験が必要となりますので、専門家に依頼するのかも検討したほうがよいでしょう。

◯遺言執行者が必要となる手続き
・相続人の廃除とその取消
・子の認知

◯相続人でもできる手続き
・財産目録の作成
・遺贈の登記
・相続人への相続財産の分配
・預貯金や株式などの解約、名義変更
・財産の管理

ただし、遺言執行者がいる場合には「遺言執行者だけ」が行えます。
これらの手続きは相続人全員の協力が必要な物も多く、手間もかかります。遺言執行者がいればスムーズに手続きが行えるため、ご家族の負担も少なくてすみます。