遺言の取り消し

遺言を作成した後に気が変わったり状況が変わったりした場合には、遺言を取消すことができます。ただし、遺言の取消や訂正等は一定の手順に従って行う必要があります。

取消す場合には、以前の遺言が自筆証書か公正証書なのかは問いません。自筆証書の場合には古い方を処分すればよいのですが、公正証書の場合には揉め事を起こさないため(遺言についての真偽を争うような…)に新たに同じ公証役場で公正証書遺言を作成するほうが無難です。

また、遺言をした後に一定の事実があると「遺言が撤回された」とみなされるので注意が必要です。

たとえば…

①後の遺言が前の遺言と抵触する
要するに遺言の内容が前後で食い違っているときです。前の遺言で「Aに土地を遺贈する」としていたのに後の遺言で「Bに土地を遺贈する」となっていれば後の遺言のほうが有効となります。この場合、前の遺言は撤回されたものとみなされますが、食い違っていない部分については引き続き有効です。

②遺言した財産を処分した
遺言した後に、遺言の対象となる財産を処分したようなときです。「Aに土地を遺贈する」としていたのにもかかわらず、生前にその土地を別のBに売却したというような場合です。この際、土地の売却が故意であっても遺言の内容を失念していても、撤回されたものとみなされます。