遺言書が見つかったときは

相続が発生すると財産などの整理をしている際に遺言書が発見されることがあります。

遺言書を見つけても、即座に開封してはいけません。

まずは、ほかのご家族にも「遺言書が見つかった」という事実を伝えましょう。この通知が遅れるとご家族の中で「遺言書を隠蔽(改竄)しようとしていたのでは?」といった揉め事の火種となりかねません。

発見された遺言書は、「開封せず」「その存在をご家族に知らせ」た後は家庭裁判所で「検認」の手続きを行います。

検認手続では、相続人を家庭裁判所に集めて遺言の存在を確認した上で開封します。検認を通じて、遺言書の存在や内容が相続人全員に周知されるのです。(検認手続をしない、検認の前に遺言をかってに開封するなどの場合には、5万円以下の罰金が課せられます)

【検認】
①申立人  遺言の保管者、発見者
②申立先  死んだ人の最後の住所地の家庭裁判所
③費 用  遺言書1通につき800円の収入印紙、連絡用の郵便切手
④書 類  検認申立書
      申立人の戸籍謄本
      相続人全員の戸籍謄本
      遺言者の生まれてから死ぬまでの戸籍謄本など