延納と物納

相続税は金銭で一時に(一括で)支払わなければなりません。(税金を支払うことを納付といいます)

しなしながら、相続税は財産を課税対象としているため納税資金に不足を生じることがあります。(法人税や所得税は利益に対して課税されますし消費税は預かったお金を納付するため、納税資金が不足するということは考慮されていません)

日本で相続税を収める人は大抵が土地持ちです。土地は換金が難しく、評価額が大きくなるのが特徴です。土地などの換金が難しい財産を取得した人は相続税の納税資金をいかにして調達するかがネックとなります。

相続税を一括でなく、分割で支払う方法を延納といいます。

また、延納によっても金銭で納付が難しいのであれば相続で取得した財産そのものを納める物納という方法もあります。

これらの方法の名前やこういった方法があるということは世間でも認知されているようですが、これらの方法が実際には使いづらいということはあまり知られていません。

多少語弊がありますが、延納や物納はお金が相当ない場合にしか利用できない制度です。

加えて、延納などを採用する場合には当然の事ながら利息が発生しますが利率がべらぼうに高いです。

納税資金に困った方は利息や手間の問題から、金融機関から借入をしたほうが有利であることが多いため結果として借入金で税金を賄うことになります。

事前に、相続税の納税資金がどのくらい必要なのかを試算し生命保険などを活用して納税資金を準備しておくことが大切なのがお分かりいただけたでしょうか。