納税資金対策(生命保険の活用)

昔からある納税資金対策として根強い人気なのが「生命保険の活用」です。

家族構成が夫・妻・子という3人家族で夫の相続(夫が死亡した場合)を例にします。

(例)
被保険者(保険の対象者・この人が死ぬと保険金が支払われる)→夫
保険料負担者(通常は保険契約者が保険料を負担している)→夫
保険金受取人(保険証券などに受取人と記載されている人)→妻or子

以上のような保険に加入していれば、夫が死亡した(保険事故が発生した)ときには妻or子に生命保険金が支払われるため、生命保険金を相続税の納税資金に充てることが出来ます。

事前にどのくらい税金がかかるのかを試算しておき、納税資金として必要な分だけ保険に加入しておけばよいでしょう。(税金の試算はいっしんで承っております)

さらに生命保険金を活用すると、節税にもつながることがあります。

先ほどの例だと妻と子は夫の相続人に該当しますので、生命保険金のうち一定金額が非課税(相続税がかからない)です。このケースでは、法定相続人は2人ですので相続人の取得した保険金合計1,000万円までが非課税(500万円×2人)となります。

仮に妻と子がそれぞれ2,000万円ずつ保険金を取得していれば各々500万円ずつ合計1,000万円が非課税です。(税金の試算などは条件整備が重要ですので、いっしんにご相談下さい)

相続対策というと法律スレスレのものから安全性の高いものまで様々ですが、保険を活用して納税資金を捻出するという方法はリスクが低く簡単に行えるため人気が高いです。