相続登記

土地や建物などの不動産を取得した場合には登記が必要です。相続の際の登記を「相続登記」といいます。

相続登記はいつまでにしなければならないという期限はないのですが、登記せずに放置していると必要な書類の取得が難しくなったり、当事者が死亡してしまい次の相続の際に権利関係が複雑になるなどのトラブルが生じます。

登記の際には、
・登記申請書
・被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本、除籍謄本など
・相続人の戸籍謄本と住民票の写し
・固定資産評価証明
・分割協議書
・相続人の印鑑証明書
などが必要となります。

登記手続きが完了すると、登記識別情報が通知されます。相続後も何らかの登記をする際に必要となりますので、大切に保管しましょう。

相続登記は基本的には司法書士に依頼します。費用は不動産の数や所在する地域などによって異なりますが司法書士報酬は10万〜30万円くらいが多いようです。登記の際に必要な登録免許税は固定資産税評価額に0.4%をかけると求められます。