贈与税と相続税の関係

相続税は、相続の開始時点で死んだ人が持っていた財産に対して課税されます。ですから、死ぬ前に財産を家族に譲っていれば(生前贈与)相続税は課税されません。

相続税はかからないのですが、贈与税を支払わなければなりません。

ただで財産をもらった場合、人が死んだことにより財産を取得したのなら「相続税」、生きているうちに財産を取得したのなら「贈与税」を支払うことになります。

相続税と贈与税は基本的には、いずれか一方を支払えばよいのですが、一定の贈与については相続税の対象となります。

例えば、財産を持っている人が余命幾ばくもないということが発覚した場合、相続税は超過累進税率を採用しているため、敢えて贈与税を支払ってでも相続財産を減らしたほうがトータルの税負担が少なくなるという事態が起こり得ます。

そのような税逃れを防止するために、「相続の開始前3年以内に行われた贈与」は相続税の課税財産として相続税がかかります。

この場合に、既に支払った贈与税がある場合には支払った贈与税のうち一定の金額を相続税から差し引くことが出来ます(贈与税額控除)。

相続税がかかるかどうかは、故人の財産の合計が基礎控除額(3,000万円+600万円×法定相続人の数…例えば故人に妻と子供二人がいれば4,800万円)を超えるかどうかで判断しますが、その財産には「相続の開始前3年以内に行われた贈与」も考慮する必要があり注意を要します。

(まとめ)
・財産を貰う場合、死んだことにより財産を取得すれば「相続税」生きているうちに財産を取得すれば「贈与税」が課税される
・相続税と贈与税は重複しないが、相続開始前3年以内の贈与は相続税の対称となるため注意が必要となる