民事信託導入サポート

民事信託とは

 信託では…財産を出す人(委託者)、財産を管理する人(受託者)、利益をもらう人(受益者)の3つの登場人物がいます。受託者が信託銀行などで営利目的で行われる信託を商事信託といい、受託者を身近な信頼できる人に頼む信託を民事信託といいます。民事信託での財産管理をする人は家族や親族になることが多く、その場合は特に家族信託といいます。

民事信託のメリット

 民事信託は、簡単に言うと新たな財産管理の手法です。
最大の特徴は、現代の事情に合わせた柔軟な運用が出来る点にあります。遺言や成年後見など古くからある制度では、現代特有の問題への対応が難しいのですが、民事信託ではそのような問題(相続、遺言、認知症、事業承継など)への対応が可能となっています。

民事信託のデメリット

 民事信託自体は、財産管理の手法ですので節税メリットはありません。
(税金が高くなるということもないのでご安心ください)
決まったカタチがあるのではなく、ご自身の家族や財産の構成、健康状態などを考慮し、ご自身の希望が反映されるよう仕組みづくりをします。

いっしんのサポート

 民事信託は仕組みづくりが大切なのですが、その際に税務的な問題が生じます。遺言も同じですが、「作成をしました」で終わりでなく、その後のお金(主に税金)のことを考慮した仕組みづくりでないと意味が無いのです。
いっしんでは、複数の専門家が制度づくりの際にチェックしながら作りこみますので安心、安全です。